Make up Tutorial

フェミニンなドレスルックとカラーレスな艶肌メイク

いつもよりドレスアップした日は、メイクにも小さな変化がほしい。
でもトゥーマッチになって、自分らしさを失うのは違う……。

おしゃれな人が考える、ドレスアップメイクのベストアンサーを、動画とともにレクチャー。

ファッション好きであればあるほど、ドレスアップした日のメイクは難しい。
スタイルに負けない強さを!と、メイクをボリュームアップさせると、妙に顔だけ浮いてしまいがち。
かといって、あまりに素顔に近いメイクだと、ドレスとのバランスがとれない……。

そんな悩みに対する回答のひとつが、上質な艶肌でみせるカラーレスなメイク。
潤いに満ちあふれたハイクオリティな肌に、ほのかな色気と愛らしさをプラス。

ひとつひとつのプロセスを丁寧に積み重ねたメイクは、どんなジュエリーよりもドレスにしっくりマッチする。

0. Primer : 肌全体になじませる。

ピュア キャンバス プライマー ハイドレーティングをパール2粒分程度とり、肌全体がしっとり潤うよう、丁寧になじませる。顔の中心から外側に向かって、顔の凹凸を感じながら、塗りムラなく仕上げる。全体に下から上へ、引き上げるような気持ちで広げていく。

1. Foundation : 頬骨から外側に向けて薄くのばす。

フローレス ルミエール ラディアンス パーフェクティング クッション 1N1を付属のスポンジにとり、頬骨の高い部分から薄くのばしていく。ファンデーションは全顔にべったり塗る必要はなく、顔の立体感をスポンジ越しの指先で感じながら、軽やかに仕上げる。

2. Eye : 目元に色気を仕込む。

眉の毛流れをコームで立ち上がらせたら、サテンアイカラー 03をブラシにとり、上まぶた全体になじませる。ブラシに残ったカラーは、下まぶたにもほのかに入れる。目のキワにはロングウェアクリームアイペンシル 03を入れ、ブラシでほのかにぼかして、目のフレームを印象的に。アーティスト アイラッシュ カーラーでまつ毛を自然に立ち上げたら、最後にキャビア ボリューム パノラミック マスカラを上まつ毛のみに。

3. Lip : 唇には愛らしいニュアンスを。

ルージュ エッセンシャル シルキー クリーム リップスティック 01をブラシにとり、唇の丸みに合わせて輪郭を描きながら丁寧に塗る。唇全体を塗ったら、1度ティッシュオフして、再び色をのせる。そうすることで、より自然な発色が叶う。

4. Cheek : ほのかに温度感を足す。

ブラッシュ カラー インフュージョン 06を小さめのブラシにとり、頬の中心から輪郭に向かって、繊細に色をのせる。

5. Finish : 仕上げにバランスを調整。

最後に顔全体のバランスを見ながら、アイラインや眉の毛流れをブラシで調整し、完成。

使用アイテム

  • FLAWLESS LUMIÈRE RADIANCE PREFECTING CUSHION 1N1
    フローレス ルミエール ラディアンス パーフェクティング クッション 1N1
    6,600円(税込)

  • ROUGE ESSENTIEL SILKY CRÈAM LIPSTICK 01
    ルージュ エッセンシャル シルキー クリーム リップスティック 01
    3,960円(税込)

    STAFF

  • make up by UDA at mekashi project
  • photography by Yuki Kumagai styling by Tomoko Kojima
  • hair by Keiko Tada at mod's hair
  • model by Serena Motola
  • text by Sachico Maeno

    CREDIT

  • dress by KIMHEKIM (EMME CO., LTD 03-5413-3883)
  • jumpsuit by ERIKOKATORI (MOUR 03-5787-8911)
  • detachable collar by CECILIE BAHNSEN (LAMP HARAJUKU 03-5411-1230)
  • body piece by OLYA KOSTERINA (LE CHARME DE FIFI ET FAFA 03-5774-0853)
  • shoes by STYLIST’S OWN

Related Articles